works

黒内の家

場所岐阜県飛騨市古川町黒内
施工期間2017年10月 〜 2017年12月

座敷だった部屋を、趣味の部屋としてタイル仕上げの土間にリノベーションしました。自転車やスノーボードが趣味のオーナーが快適に過ごせるよう、薪ストーブを置いて冬でも暖かな空間にしました。

全開になる三本引き戸には無双窓をつけて通気性を確保。天井裏や壁を断熱を施しつつ元の風合いを残しています。畳下の松の床材を荒々しい表情の腰壁にするなど、随所に磨いた古材を使用しました。床の間の天井まで届く壁一面に施した古材のパッチワークは、杉、松、栗など多種に及び、囲炉裏の部屋で使われて燻されたもの、納屋の外壁に使われていたものなどです。

TOP