works

板倉の宿 白栗(藍)

場所岐阜県高山市国府町金桶
施工期間2017年9月 〜 2018年3月
デザインワタナベ建築
施工ワタナベ建築、白栗不動産、山平建築
Websitewww.hakuguri.jp

大正時代の板倉を移築し、一棟貸しの宿にしました。

板倉の雰囲気を残しつつ、内装は藍色の塗り壁を中心に大胆な色使いを施しました。全ての古材は木の表面をこすり年輪を浮き上がらせる「うづくり」にしました。

古時計に使われていたガラスをはめ込んだ建て具、古材をタイル貼りしたキッチン、シャワールームとトイレを設置し、2人で滞在するのに十分な広さも確保しました。2階へのアプローチには朽ちかけた栗の柱を立て、さまざまな樹種が混ざり合う階段を登るとベッドルームが現れます。採光にはもともとあった鉄格子を活かした窓と、重なる山々と田園の景色を切り取る水平の窓を配置しました。

TOP